現在地:ホーム藤吉郎日記/2010年5月26日

藤吉郎日記

いつも読んでくれてありがとうございます。山賊のサムライ「とうきちろう」のきまぐれ日記です。

日別アーカイブ:2010年5月26日

長屋門の懸魚(げぎょ)

146.jpg

懸魚(げぎょ)は、屋根に取り付けた妻飾のことをいいます。

 

ほとんどの場合、屋根の構造上、建物の横の方へ廻り込まなければ見えない場所であるので何度も見なれている建物でありながら意外と気付かずに見過してしまいます。

懸魚は、火に弱い木造建築を火災から守るため、水に縁のある魚の形をした飾りを屋根に懸けて火伏のまじないとしたのが始まりと考えられます。

この彫刻は有馬白匠要治さんに彫っていただきました。白いところはペンキではなく胡粉(ごふん)を塗っています。
投稿日:2010年5月26日 13:16 PM カテゴリー:職人